FC2ブログ

SHC と よさこい

 -「調和SHC倶楽部」とは-

    スポーツ( SPORTS )
    健康( HEALTH )
    文化( CULTURE )

  これまで地域におけるスポーツ・健康・文化活動は学校や行政に頼ってきました。

  今、日常の中に地域での活動を定着させるため、
  住民一人ひとりが力を合わせることが、求められています。

  誰もが、いつでも、どこでも気軽にスポーツを楽しんだり、健康の為に体力づくりをしたり、
  文化的な趣味を増やしたりしながら、地域の一人ひとりの力によって創り上げる、
  総合型の倶楽部として平成14年9月に「調和SHC倶楽部」として生まれました。

  子供からお年寄りまで、みんなの笑顔が広がる魅力ある倶楽部を目指しています。

        NPO法人 調和SHC倶楽部
          http://npo-chowashc.jp/


  「SHC倶楽部チーム調和」は文化活動のひとつ、よさこいサークルとして活動しています。






鳴子

 -「よさこい」について-


 昭和20年、空襲にあい、
 翌年21年には南海大地震が高知の街を襲いました。
 そんな惨状の中から脱出し、町を活気づけようと、
 お座敷踊りを発展させた「よさこい踊り」が作られ、
 ”鳴子”を持って踊る「鳴子踊り」出来あがりました。
 そして昭和29年に「よさこい祭り」がスタートしたそうです。

 鳴子を手に持つこと。
 よさこい鳴子踊りのメロディーを入れること。
 …最小限の約束事を守ればあとは自由!!

 神様を祀る為のお祭りでもなく、
 古くからの風習を守り継ぐお祭りでもない。

 常に進化し続け、自分たちで作り上げるお祭り。 それが、「よさこい祭り」です。

 踊り子だけでは出来上がらない、たくさんの人の力を借りて合わせて出来あがる「よさこい祭り」は、
 今では全国各地、町おこしにはなくてはならないお祭りになっています。